大人ニキビはできる場所によって原因が違う!!

agogoooooooo

思春期ニキビは主に皮脂の分泌異常によって起こり、顔の顎からフェイスラインに沿って出来ることがほとんどのため、思春期ニキビ用のケア用品などを使用していれば、時間はかかってもホルモンバランスが整ってくる頃には落ち着いてきます。

問題は大人ニキビです。思春期ニキビに比べると発生する年代は若干遅くなりますが、背中やフェイスライン、頭皮やお尻など体全体、どこにでも出来る可能性はあります。そして出来る場所によって原因が異なることも多いのです。

ニキビの基本的な解消法は、ニキビの原因にあった対策方法を取ることですから、部分別に違う原因で出来たニキビには、対策を変えることも大切です。そこでニキビができる部分別の原因やその対策方法について考えていきます。

ニキビ対策は部位によって異なる

背中は人間の体で一番広い部分で、汗腺なども多いため、皮脂や汗の分泌が非常に多い部分になります。しかし、衣服などで隠されてしまうため蒸れやすく、ニキビができやすい環境にあります。

また、見えない部分だから、手が届きにくい部分だからと症状がひどくならないうちは手入れをしないことも多いため、気が付いたらひどくなっていたということもあります。

背中ニキビの場合は、まずは汗をかいたらこまめに拭き取ること、そして脂っこい食べ物などを控え、皮脂が過剰に分泌しないように気を付けます。

更に、背中に触れる衣類は通気性の良い天然素材の物を使用し、常に清潔なものを身に着けます。シャンプーや背中を洗った際の洗いの腰が原因でニキビができることもあるため、入浴する際には上から順番に洗い、しっかり流すことも大切です。

頭皮ニキビはあまり耳にする機会はありません。頭皮には髪の毛の生える毛穴がたくさんあるほか、皮脂の分泌なども盛んで、髪の毛などで蒸れることもあるためニキビができやすい部分です。

普段は頭皮に隠れて気にならないことも多いですが薄毛や抜け毛の原因にもなりかねないので頭皮はしっかりケアしましょう。

まずはしっかりと洗髪を行います。髪の毛を十分ぬらした後良く泡立てたシャンプーで優しく洗います。洗った後は十分に流してください。

シャンプーが終わったらしっかりタオルで水分を拭き取りますが、この時もゴシゴシこするのではなく優しく拭き取ります。

髪の毛の健康のためにドライヤーは使わない人も多いですが、湿った髪の毛を放置しておくと雑菌が繁殖してニキビの原因となる事があるので、しっかりドライヤーを使って乾かします。皮脂を押さえるために脂っこい食事は避け、野菜類を多く取るように心がけます。

お尻に出来るニキビの場合、お尻は入浴時など以外はほとんど下着で覆われている部分なので汗をかいても蒸れやすく、また、座りっぱなしの大勢などで血行が悪くなることによって起きます。

まずは出来るだけこまめに入浴やシャワーでお尻を清潔にすることが大切です。石鹸で洗い流した後はしっかり流し、お尻が乾燥しないようにしっかり保湿も行います。

下着は常に清潔なものを身に付け、通気性の良い天然の素材の物を着用するようにします。締め付けがきついと下半身の血行を悪くしてニキビを悪化させることがあるので、きつくない、自分にぴったり合ったサイズのものを着用しましょう。

普段座る姿勢の多い人は、血行促進のためにも適度に立ち上がって軽く運動するのも効果があります。